(4)オプション項目

  • 2009/03/26(木) 00:08:52

こちらのつづき。

股関節webの大先輩、
コカンセツバトル様データ提供にともなって、
改めて整理します♪

のちこちらにも掲載予定?



------オプション項目----------------------



■コレに一票!入院便利グッズ(入院中、役に立ったモノ)


・靴べら(笑)
マジックハンドもありましたが、ものをとるときに使いました(笑)
下におちたものをうまくひっかけてはとったり、引き出しを開けたりしていました。

・ストローつきのプラスチックの水筒
とりたいときにこぼれる危険なく、また、術後ちょっと飲みたいときに便利でした。





■アフター・バトルブレイク
(手術治療というバトルを乗り越え、感想や思い出のネタなどなんでもどうぞ)


股関節は一生もの。
自骨オペも何回もできるものではありません。
人工関節になったら、なおさら。自骨には戻れない。あとは再置換しかない。
オペは、全身麻酔の大手術だし、筋肉のことも考えると何回もオペできるものではありません。
私は高度臼蓋形成不全という貴重な症例だったので(笑)セカンドオピニオンは5病院行きましたし、
オペした病院において、初診からオペを決めるまで半年悩み、
ようやく決断しました。
決めたらあとは、Dr.と自分を信じるしかないと思います。
決断するときは覚悟を決める事が、回復への一番の近道でもあると思います。
偉そうな事は言えませんが・・・やっぱりオペを終えて、術後の景色、変わりました。
オペを終えたばかりで痛みの連続ですが、前向きな痛みなので頑張れます。

<裏バトルブレイク>
遠方で行かれる方・・・味噌の違いに注意してください。
関東生まれ関東育ちゆえに白みそ育ちの自分は、東海地方の病院へ行き、病院食の赤みそに苦しみました。
退院前日になって、行方不明騒動をおこし、日勤看護師さん総動員させた前科があります(苦笑)





■エールを送ろう!
(これから手術を受ける方へ、術後のリハ中の方へ、あるいは今後の自分へなど、なんでもどうぞ)

私は10代でオペをした、若年性の股関節症です。
股関節症。オペして完治ではなく、これからも進行性とつきあっていくのだと思います。
臼蓋が正常な人ですら股関節症にかかる人がいるのですから・・・。
でも、オペしたからただ安静にするのではなく、オペしたからやりたいこと、どんどんやっていきたいと思います。
自骨手術は、人工置換という選択肢が遺されています。
今は自骨手術を終えたばかりなので大切に、一歩ずつ、育てていきたいと思います。
私は多摩川ジョギングをめざします(^^)v

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。