(2)手術および術後について

  • 2009/03/26(木) 00:08:47

ひきつづき、こちら。
股関節webの大先輩、
コカンセツバトル様データ提供にともなって、
改めて整理します♪

のちこちらにも掲載予定?

-----手術および術後について-----------------------


■疾患名:先天性臼蓋形成不全及び変形性左股関節症進行期
左CE角-22°、右+16°、
左臼蓋傾斜角+42°

■いま現在術後約何カ月ですか?
術後20日目



(1)術式名・手術時期(年・月)・手術時の年齢


(左寛骨臼移動術)
臼蓋内転骨切り術(AAO) 2009/3/5 19歳6ヶ月
大転子下降術併用





(2)手術前の検査

尿、血液(太ももの付け根から)、
心電図、肺機能検査、CT、胸部・両股関節・両脚部レントゲン
1ヶ月前に、貯血式自己血輸血400cc
入院当日(手術前日)に、貯血式自己血輸血400cc
計800ccを事前に回収。
(結局手術では使われず、術後1日目に800cc戻されました。)




(3)術後〜退院までのプログラム

術後1日目ベッド上起座
術後2日目全荷重開始、歩行器
術後5日目T字杖(松葉杖の期間なし)、独歩練
術後6日目階段昇降、エルゴメーター(自転車マシン)可
術後7日目術足外転45°、屈曲90°可能、
術後11日目可動域確保。股関節6方向(外転、内転、外旋、内旋、屈曲、進展)制限なし。




(4)退院後〜全荷重までのプログラム

全荷重、制限なし。
一応外転45°、屈曲90°の制限(正常可動域)
スポーツはまだ許可は出ていません。




(5)杖なしで歩けるようになったのは?

名ばかりの"独歩"は、術後5日目。
術後11日目にして、びっこひきながら杖なしでも歩けるようになりました。
術後14日目は、ゆれは気になるものの術足に力をかけて歩けるようになりました。片足立ちもできます。




6)術足を下にして寝ることはできますか?

まだ許可はでていません。(術後19日目)




------抜釘(ばってい=ピンやボルト抜き)について-----------------------
大転子も吸収性スクリュー(タキロン製・ポリL乳酸)のため必要なし

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。