静岡エイズシンポジウム参加

  • 2013/01/23(水) 17:47:09

2013年1月23日水曜日

更新滞っていて申し訳ございません(;ω;)
いつも大学まで駅から歩く途中で挨拶をかわすおじさん♡から
催促依頼がきた関係もありまして(笑)

改めまして、まだ年初めのご挨拶してなかったですね。
今年もよろしくお願い致します。

********************************

足について言えば、不自由はないとはいえ、
まだまだ左は左、って感じです。
違和感はあるし、さすがに重い荷物をもったときは
びっこひいちゃうし。

そんなころいど、現在就職活動中ですww
そして、摂食障害治療中でもあります。


拒食ーマイナス25kg
過食ープラス30kg
拒食ーマイナス17kg
過食ープラス10kg

はい、まだまだ精神科受診は続いています。
考えれば、このブログを通して、青年海外協力隊は、NGになったんだっけ。
ま、いっか。
人生いろいろあるし、少しずつ前に進んでいこうかな。

********************************




静岡にいってきました!初♡静岡上陸♡♡♡
静岡エイズシンポジウムの講師として、1時間、自分の海外の経験なり、摂食障害のことなり、お話させていただきました。

「国際問題の視点から見たときの、若者へのメッセージ。」
ボランティアとはいえ、立派な"お仕事"としての依頼は初めてです。
静岡新聞に金子浩子の名前がのっちゃいましたww

********************************

考えてみれば、この手術を受けてから、私の人生は転機を迎えた。
「いつまで歩けるか分からないこの足で大地を刻んでいこう」
その想い。
そして、それを通して、自分の完璧主義から、
まさかの摂食障害を煩ってしまったこと。
人の痛みに気づくことの大切さを、心から思い知らされた。


**********************************
さてさて、講演に戻りまして。

全く、自分なんて、意味ない存在だと思っていた。
でも、11月に講演依頼があったときから必死こいて外国の論文やらレポートやら読みまくって、
エイズの実態について勉強して、自分の過去の経験にも向き合った。
なんで自分が国際支援をやりたいのか、なぜ途上国にいって、そこから何を学んだのだろうか。
そして、必死こいてプレゼン100枚スライドつくって、直前にムービーもつくって。
一週間前から眠れないほど緊張して、汗かきまくって、ひたすら原稿見直して。
プレゼンが終わって、次に講演する講師の人が、涙を流してくれて。
製薬会社の方々、また主催者から好評をいただいて、本当に、本当に、うれしかった。

この感動は、絶対に忘れないと思う。

「かねこひろこでしか、できないプレゼンテーション。」
無力で何もできないと思っていた私だったけれど、いっぱい実は持っているものがあったんだ。
私の笑顔が、誰かに笑顔を与える事ができたようだ。
力強いメッセージ、バイタリティ。何よりも、自分で考えた。それは、絶対の強み。
疑って、そして答えを導きだした。その圧倒的な自信。たくましさ。
いつの間にか、私の心の中に、キラキラしたものが、こんなにあったなんて。

プレゼンテーションの中の決まり文句。
「世界に行って、たくさんの悲しい現実を見たけれど、一方でたくさんの優しさに出会った」
そして、その世界には、まさしく、この「静岡」も入っていたんだな、って。
まさに、今、たくさんの先生や聴衆に会えて優しさに出会えたこと。
情熱やミッションをもって、仕事に、ボランティアに取り組んでいる人たちの存在。
きっと、社会はよりよくなっていくと思う。
そして、私も、いつか、その一人になれると思う。そう信じたい。

静岡は二日間滞在して、翌日は静岡県立こども病院の見学。
白血病で移植後に必死で戦っている赤ちゃん、未熟児、そして彼ら彼女を取り囲む家族愛、医療従事者の限りない愛。
「ああ、私は医療従事者になりたい。」
やっと、見えてきた。
苦しんだからこそ、人の痛みを理解できる人間になると思う。

----I'm the world greatest.----私は世界で偉大な存在。

こぼれた涙の分だけ、瞳が綺麗になる。
生きていく意味って、それが、希望なんじゃないだろうか。


休む暇もなく、今週は逆求人フェスティバル、そしてそのあとリディラバで摂食障害について講演。
すごく、わくわくする。


********************************
今 時を超えて 溢れる想い
あの日決めた夢を 描き続けてゆこう 未来へ

信じてるよ それが奇跡でも 今はまだ遠い空の向こうでも
もう一度歩ける 私を動かす たいせつな光へと
見上げた空に誓いのペルセウス 忘れない つないだ手のぬくもり
ひとりじゃないと 私のなかで 強く 輝く 永遠に

********************************

私らしく生きれる日がきっと来る。
そうもう一度信じてみたい。
その日に向けて、もう一度、頑張ってみようかな。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/18(金) 12:42:14

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/18(金) 17:42:37

この記事に対するコメント

お疲れ様です。
自分は何者か。。分からないもんですよね。
でも人の役に立てたり人が元気になってくれたら嬉しいですね。
人の痛みは。。感覚で受け取るものだから天性の気質も関係すると思います。
分からない人はどこまで行っても分からないし、分かったとしても万人の気持ちはわからないし。
持ってる優しさ次第ですね。

★三日月兎さんへ

訪問&コメント、ありがとうございます。
お返事おそくなってごめんなさい。
見てくださるかわかりませんが、書かせて下さい。

いつか、自分の痛みを、誰かへの優しさに変えられたらいいな、と。
誰かに役立つ人間になれたら、
誰かに求められる人間になれたら、と本気で思う最近です。
三日月兎さんの優しさに、今こうして救われました。
これからも、宜しくお願いしますね。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。