ゆるぎないもの

  • 2011/09/26(月) 09:48:16

9月24日土曜日 
AM:東大で学生団体リディラバの会議に参加
PM:池袋保健所にて、エイズ勉強会主催者^^♫

9月25日日曜日
ビジネスをやっている人とお会いするw

いろいろ人と出会いっています。
人脈だけは、大切にする。



過食嘔吐はまだしばしば。。。
でも嘔吐すると、すごい顔がむくむんですねー。

二日ぶりのバイトで、会った人から、
「あれ、前より太った?」ってw

いや、身体は一日二日でふとらないからw

っていうか、報告してなかったー^∀^)
居酒屋のバイトをはじめましたw
今更ながらwww
だって、大人のお酒を愚痴を聞くのがおもしろいんだもんw
今更ながら、ね。


本気の人はかっこいい。
居酒屋のお寿司屋さんなんですが、
その人は適当だけど、シャリに関しては、負けない。
バイトの人がたいたご飯の硬さに、どなりをつけたみたい。


"ゆずれないもの"
"ゆるぎないもの"
が、誰かのために、社会の為に役に立つ事、っていいな。

摂食障害である拒食症の時は、
如何に人前でごはんを食べないか、
"野菜だけを食べるか"、とかそういう"こだわり"をもっていて、
それが、何の役にもたたなかった。

「後悔する生き方はしたくない」


だんだんと夢が明らかになってきた。

やりたいことが見えてくるようになってきた。

マスタリー(熟達)

私たちは無報酬でもやりたいことを仕事にするべきなのです。なぜなら、そのような仕事をするときにだけ、内発的動機づけを持つことができ、また、少しでもより良いものにしようと努力し続けることができるからです。

「マスタリー」は、私が探求の過程で見つけたキーワードです。ダニエル・ピンクの『Drive(邦題:モチベーション3.0)』や『Delivering Happiness』などの本を読んで、人は何か価値あることのエキスパートになろうと集中しているとき、外発的動機づけで物事を成し遂げようとはしなくなる、ということを理解したのです。

例えば、私は大学生のとき地質学のクラスをとっていました。実際、私は地質学には興味がなく、ただ単位をとるために受講していました。よって、そのクラスについてはほとんど何も覚えていません。そのかわり、経済学が好きで副専攻にしていました。経済学の理論を学ぶことが楽しかったのです。私は経済学についてどんどん習熟して行っていたので、クラスでA評価をとることに全く苦労しませんでした。

しかし、マスタリー(熟達)は、完璧な達成や完全な知識に到達するという意味ではありません。ダニエル・ピンクは著書の中でこう言っています。

なぜ、人は完全には到達できないものを求めるのだろうか。だが一方で、それが魅力でもある。だからこそ、到達しようとする価値がある。喜びは実現することよりも追求することにある。とどのつまり、マスタリーはどうしても得られないからこそ、達人にとっては魅力的なのである。

内発的動機づけに基づいて何かをするときにのみ、マスタリーを追求することができるのです。決してお金をもらうためではありません。

皆さんはどうでしょうか? どんなことなら無報酬でもやりたいですか? きっとあなたはそれを見つけ、その仕事に専念するために今の仕事をやめる時が来るでしょう。そして、今よりずっと心から仕事を楽しみ、その分野のエキスパートになることと思います。



さぁ、次へ。


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/22(日) 04:36:05

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。