2 .  初診・セカンドオピニオンについて

  • 2009/02/19(木) 13:07:20

2 .  初診・セカンドオピニオンについて
【病院探しの、ころいどの基準】
①股関節の専門がある整形外科
②できれば、定年間近のDr.は避けたい(自分の先が長い)
③人工、キアリ<RAO(寛骨臼移動術)
+ 医師とのマッチング



セカンドオピニオン
というか、話を伺った先生は、

1)群馬県 I市民病院(かかりつけ)
  小児股関節整形 H先生   (診断)RAO+外反

2)同上
  成人股関節 O先生    (診断)RAO

3)東京都 T女子医大
  RAO専門医 H先生    (診断)RAO+外反?できないかも?

4)群馬県 I市民病院
  成人股関節 T先生    (診断)RAO+外反?手術を急には引き受けられない

5)岐阜県 C病院
  AAO専門 TN先生     (診断)AAO / AAO+外反 /RAO+外反

6)神奈川県 Y市立大学病院   (診断)RAO+外反
  
7)東京都  N中央病院     (診断)RAO



▶AAOに決断(2009.12 大学1年次 19歳)
C病院TN医師の診察を終えたあとも、引き続き病院巡りを続けていました。
そして2008冬までに計5病院7医師のオピニオンを踏まえ、手術時期を具体的に検討し始めました。
術法の選択肢は、①AAO ②AAO+外反骨きり ③RAO+外反骨切り ④RAO
正直なところ、即決ではありませんでした。半年間、悶々と悩んでいました。
ころいどの特徴は、CE-22°の高度臼蓋形成不全進行期。
時間をかけても今できるベストな選択をしたい。如何に術後成績をよく保てるか。RAOでのリスクが大きいことも感じていました。RAOとは同じ骨切りですが、切り方、回し方の差は私の場合大きいものでした。先股脱で内反骨きり術をしたので、新たに外反骨切り術で大腿骨をいじるのは、直感的に抵抗がありました。AAOは高度臼蓋形成不全に対応にでき、外反骨切りの必然性がなくなるかもしれない。やはり早期復帰は長期的に有利であることを考え、最終的に、AAOを決意しました。
高度臼蓋形成不全にAAOが効果的な理由はまた後日に。

▶"いつか"から"今"へ
セカンドオピニオンめぐりに奔走し約一年弱。そろそろ手術に踏み切らなければ、という焦りは感じていました。痛みの増加もありますが、何よりも、この病気に対する特有のイニシアティブー手術時期ーは、自分が握る。学生のうちに、という思いは常にありました。
①進行におびえて生活したくない。AAO不適応になるまえに手術を。
②常に手術の予定を考えながら大学生活をおくりたくない。
セカンドオピニオン中の某Dr.の言葉
『オペが必要なのにと決めたならなぜ躊躇しているのか?』
この言葉に背中を押され、次の春か夏休みにオペを考えるようになりました。
時期をみるために、手術予約を電話でいれると見事春休み中にオペができることに。
今迷っているなら、と自分に言い聞かせ3/5にオペの予約を入れました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。