就活中。

  • 2013/04/14(日) 11:43:32

4月14日(日)

製薬会社MR(医薬情報担当者)
一次面接、連続9社連続落ちww


自分でも笑えます(笑)
まーいっか、ってことにしておこうか。

だって、支えてくれる、たくさんの人たちがいるから。

就活で何で落ちたかっていろいろ考えたけど、
結局「どうしてもその企業に入って最後まで働きたい!」という意志がなかったのかもしれない。
医学部の研究室にいて、MRの姿も見てきて。
本当に、新薬のMRになりたかったわけじゃないんだね。
サービスも二社くらいうけたけど、
果たして生涯にわたってそれがやりたいわけじゃなかったみたいなんだ。

今、唯一残っている、T社。
それはMR以上のことができる。
その会社だからこそ、そして私だからこそ、医療に携わることが出来る。
そこに、リーチしていきたいな。

ということで、4月いっぱい、就活に励みます。
落ちたらorz....w


まぁとりあえず、股関節症×摂食障害なのに、
就活用に5cmヒールをはいて都内のメトロを駆使、
また食事も食べてます。

結局ねー私は、嘔吐することが面倒くさくなったので、
過食嘔吐をやめました。
実家に帰って、みんなで食べるようになって、
独り占めするのは嫌だ、せっかく他の人が食べるものを、
自分だけが食べて、しかもはくのが嫌、っていうジレンマもあった。
そう思いながらも、
過食嘔吐やめなきゃ、と思いながらも脱出するのに、
八ヶ月かかったんだけどもw


過食症のときは、
摂食障害の人のアドバイスで、
『絶対生きててよかったって日が来るから信じて』
という言葉をうけいれることが出来なかった。

そんなの、他人事。
絶対ヒトゴト。
私の辛い気持ちなんて、だれも分かってくれないと思っていた。

そう。

その人の気持ちになることなんて、まったく出来ない。

じゃぁ、何もしないかっていうのは、孤立で。

何が出来るかっていうと、その人に寄り添うこと。
つまり、心に寄り添うことだと思う。

私は、人間として最低なこと、たくさんしてきた、
しょーもない人間。


なのに、今、就活おちてばっかりでも、「生きてて良かった」って思える瞬間を味わっている。

「生きてて良かった」っていうのは、
決して事実としていいこと、
HAPPYなことがいっぱいあることではなくて、
一つ一つの出来事ーたとえ残念なことでも、
失敗したことでも、
そして嬉しいことも、
幸運なことも、
「どうHAPPYに捕らえるか」
いわゆる、
すべて、受けいれながら生きていくことだと思う。


文字で言われても、
他人からいわれても、
自分の中の頭で分かったつもりでも、
なかなかうまくいかなくて。
馬鹿みたいで。
後悔の繰り返しで、

ほんと、今も何かいてんだ?
私、何が言いたいんだ?

って思うくらいだけど、

ぼーっとしている、まさに、この思想が、
今の私の感情だから、そのままにします。


  (笑)


クリスタルチルドレンという言葉を聞いた。
両親の願いを 無意識に読み取りその願いをかなえるために努力し
自分の気持ちや 思いに気づけなくなったり自分の人生を 
後回しにする傾向にある人を指すらしい。

私も、ある種のクリスタルチルドレンなんだけど、
まさに精神科のセッションで主治医と話合っているところなんだけど、
ま、いっか(笑)


自信がなくて、からっぽになりそうな自分。

行動することで、自分を信じているということを
自分自身にインプットすることが出来る。

恐れながら進む、ということが自分を成長させてくれる。



*自分自身に還ること

*自分自身を癒すこと

*自分自身で在ること



私が何がしたいのか、
心の感情に、そっと、耳をすませること。

耳を澄ませば、聞こえてくるものがある。




私の一番の強み。
それは、
「生きることの大切さを知っていること」

そして、
「今を、生きているということ。」