マイナスを+の力へ。

  • 2011/08/31(水) 09:52:57

8月31日
今日も大学の研究室:ω:)自分の性にあわないところだけど、
自分で決めたからにはやるしか無いよね。

かねこがこのブログをやっていることが、
前インターンをさせていただいた、議員事務所にも
伝わっていたらしいw

なんだかもやもやしたものが晴れて来た。
若いときくらい、いろんな悔しい思いしたっていいし、
それこそ、どん底に落ちてもいいし。

今の決意を胸に。
言葉にして、この決意を忘れないように。
医学の道に進みたい。

新たに、もっと遠くへ。

++++++++++++++++++++++++++++++++


つれづれ気持ちの整理。

  • 2011/08/30(火) 09:44:03

昨日から大学復帰!!
研究室。先生とお話したら許してくださった。
気持ちを新たに、研究していくしかない。


夜一時間、名古屋の人と遠距離電話。
自分の弱さが見えたり、
気持ちが整理される。

今の自分は、時間がほしいとは思わない。
それは、21歳まで生き抜いてしまったからだろうか。
何も無い人生を求めているのだろうか。
もちろんやりたいことはある。
英語も勉強したいし、
ネパール語とかもやってみたいwww
ナマステー!の達人かもしれないしw


ちょっと自分の心を整理。

「時間が欲しい!」のあのころの感情にも戻りたいなぁ。




幸せになりたいのかもしれない。
本当の自分を生きたい。
そういう意味で、医学の道に志したいとも思うこのごろ。

それは、「生かされている」から、「考える物があるという事。」
私たちは、大きな生命の世界の中で、生かされて生きている。
大きな生命の世界で生かされて、社会を営んでいる存在」、それが人間。
社会は人間の手によってもっと良いものしてゆかなくてはならない。一人一人が「本当の自分」を生きることができる社会にして行かなくてはならない。


この引用を読んで考える物がありました。

  社会的に評価が良くても悪くても、私が自分を立派だと思おうと駄目だと絶望しようと、それとは関係なく、私は生かされてます。

  生かしてくれている生命の世界から見れば、「私は価値ある存在」だから命があるのです。「かけがえのない大切な存在」であり、「素晴らしい100点満点の存在」です。

  成績が良くても悪くても、若くても老人になっても、元気であろうと寝たきりになっても、肌の色が白くても黄色くても黒くても、どこの国に住んでいようとも、どんな宗教や道徳を信じていようとも、大きな生命の世界の中で、私たちは生かされています。
                                  
  社会的にはすべてを失っても、どんなに惨めでも、生かされてる世界から見れば「みじめな私が素晴らしい」のです。「何にもない、何もできない、それでもこの私が素晴らしい」のです。一人一人が価値ある存在です。私の価値は、ここからくるのではありませんか。

  この発見があって始めて、この世に生まれたことを喜べるのではありませんか。人生の解決になるのではありませんか。私は、この言葉が大好きです。いつも私の心の中に響いています。希望が見え自由を感じます。


生きている自分の価値を高めていく事。
生きているからこそ、誰かのために役に立ちたい。


アフリカから帰ってきて、約2週間弱。
だんだんとポジティブになれた、っていうか。

やっぱりアフリカは、自分にとって、大きな存在だった。
「生と死について、向き合える場所。」
いろんな学生に発信していきたいなぁ。




正直、自分がどこまで出来るか分からない。
でも、やってみるしかないのかなぁ。
高校時代とか、大学受験にむけてよくできたなぁ、とか思う。

一度、自分を追い込んでみようかな。




★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜

【アフリカの旅】蛇足。

  • 2011/08/29(月) 12:51:44

記事になってる!
http://swazilandteenclub.wordpress.com/2011/08/05/it%E2%80%99s-july-talking-about-the-importance-of-adherence-life-skills-and-arvs%E2%80%A6/

これ、私いたwww
アフリカいったこと。
それは無駄じゃなかったのかもしれない。

★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜


整体体験☆

  • 2011/08/27(土) 16:52:05

整体にいってみた\(^o^)/
新しくオープンしたところのお試し、ってやつ。

PNF は、正直高すぎるし、
かといって、保険適用のリハビリもまた始められるかはわからないし。

いやー、快適w

身体が楽だと、心が楽になる。
いいことすると、豊かになる。

豊かになると、人生の濃さがかわってくる。

体重に対する概念が変わりつつある。
幸せになるために、
人生長く生きるために、
やりたいことをやるために、
健康でいるんであって、

健康になるために、人生いきるのとは違う。

★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜

【アフリカの旅】明日にむけて

  • 2011/08/26(金) 19:21:17

その3いきまーすー

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【 旅のススメ 】
┃-----------

旅って、人を変えると思う。
日常ではない、非日常の世界で、
環境が違う中で、どうとっさの非常事態に対応するのか。

そうそう、思い出した。

環境の違いで、
人が変わっていくのに不思議を覚えて、
その理由もあって、生物学を志したんだ。

たくさんの経験を積んで、
たくさんのこと、
そして、強烈な価値観の軸を養う。

たくさんの経験っていうのは、自分の今の考え方や、文化と
離れていればいるほど、考える事も多くなると思う。
まずは、相手の文化を尊重する事。
のだめの指揮者がいっていた。
「相手を尊重して、それが自分にかえってくる。」
まるで、自分が心を開くと、相手の心も開くように。

無知の自分に気付く。
比較する事で自分が客観的に思えてくる。
挑戦する事で、初めて自分が見えてくる。

これを書いていたのは、成田に帰る飛行機の中。
窓側から差し込む光。
一面に広がる空の地平線。

生きる輝きを。
命の輝きを。
私は、感じている。
たくさんの人が支え合って、生きて、
当り前の歓びに気付く事が出来る。

勉強できる歓びを。
学校に行ける歓びを。
食べれる歓びを。
日本語でコミュニケーションできる歓びも。

一人じゃたどり着けないゴールが会って、
一人出なければ導けない答えがある。

時を共有して、笑い合い、
言葉を超えた、ヒト対ヒトのコミュニケーション。

-----------

我慢。
頑張る姿。
それを通してわき上がるエネルギー

-----------

挑戦する勇気と達成感。
-----------

結果じゃなくて、プロセスが大切。
-----------

信念を持っていれば、
どんな事も乗り越えられる。
-----------

感動に不況は無い。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【 ベクトル 】
┃-----------
今回、アフリカの旅は、思ったような旅じゃなかった。
台湾の大学の寄生虫学の研究にお邪魔することで、台湾の学生と最高の関係を作れたり、
ちょっと楽しい思い出を作れると思っていた。
自分の将来についても、見えてくると思っていた。
旅が終わって、実家にそのまま戻って、母親の胸で泣いた。
親から10万の援助もしてもらって、心配かけて、
大学院の試験も蹴って、
私、何やっているんだろうな、って。
幸せになろうと決意したのに、過酷な道を選んで、
何度も命を削って、
危険地帯に好奇心本位で飛び込んで、
命助かるという運を使い果たして、
本当に、本当に、馬鹿みたい。

得る物もたくさんあった。
でも、
お金、時間。大学の研究。大学院の試験。

失う物の方が大きかった。

正直、悔しい。
自分の恥をさらすようだけど。

旅が終わって、
中学校に恩師に会いにいった。
中学校の理科の先生であり、学年主任の先生。
人に話す事で、自分の中を整理できる気がする。

●旅行して悔しかった事。

●よかれと思ってやった事が、しくじるときもある。

でも、それを恐れないで、
怖がらないで、
挑戦し続ければ、いつかは成功する。

本当はただ、私を励ますつもりで言ってくれたお世辞なのかもしれないけれど、
くよくよ泣いて立ち止まるより、
この経験をこれから先にどう生かすか。
そっちの方が大切だって。

そして、誠意を持って接すれば、きっと、いつか、誰かが助けてくれる。

この世は人間のつながりで、
同じ人間同士で成り立っている。

ぶつかる事もあるだろうし、
今感情的になってしまう事もある。
でも、若いときにしか無茶は出来ないから、
もがき苦しんだ事は、決して無駄じゃない。

そう、恩師は私に言葉を、くれた。

そして、

アフリカに一ヶ月旅して、
戻って来れた事自体、すごいことなんだよ、

って。

それが誇張表現やお世辞だったとしても、私は本当に嬉しかった。
感動した。
今からベクトルを正すしか無い。
自分が如何に世間知らずで、守られていたかがわかった。

  旅行=全然楽しい、感動!

じゃなくて、大切なのは、
旅行を通して何を感動するのか、なのかもしれない。
それは、拒食症、痩せてる=モテル、ではないのと同じ。
痩せているときは、たしかにけっこうちやほやされたけれど、
好きなお菓子も食べれなかった。
全然幸せじゃなかった。
アフリカにいけば、最高の自分に会えるとおもてたけど、
そうでもなかった。

それが現実であり、
人生、難しい物なのかもしれない。

でも、難しいからこそ、やりがいはあって、
そのときに、

人の命って、輝くのだと思う。

何もしないのも、一つの至福だけれど、

私は、
★★誰かの笑顔をつくれたときに、
★★誰かと感動体験を共にしたとき、
もっと、もっと、幸せになれる。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【 次のSTEPへ 】
┃-----------
私は型にはまった人間ではなし、出る杭だ。

~~~~~出る杭は打たれる。~~~~~~~~~~

分かっている。
でも、それを覚悟して、私はこの性格に成る事を選んだんだ。

それは、
私でしかできない、何かが出来るチャンスがあるってこと。
そう信じていきたいし、
何よりも、堂々と生きたい。

笑顔で中心的な存在になりたい。
世界で、輝く人間になりたい。

今回の出来事を、前に生かさなければならない。
弱さを魅せる事は、悪い事ではない。

Don't worry about bad times.
Because most of the beautiful things we have in life
from challenge and mistake.

自分を育ててくれた親。
いつも自分を気遣い愛情を与えてくれる家族。
どうしても、心配をかけたくない。

正直、幸せになりたい。
生き甲斐が欲しい。
挑戦する勇気が欲しい。
なぜ病気は私を選んだの?
そうたくさん思う事も会ったけれど、何よりも優しくなれた。
そのネガティブさをポジティブさにかえる力をもっている。
私には、ある。
前向きに生きるしかない。

高度な道徳心、倫理観を身につけ、
なおかつ自己をしっかりと持つ事。

誰にでもわがままな部分はある。
プラスは部分は咲かせ、マイナスな部分は押さえていく。

強い意志と正しい判断力を身につけ、
笑顔で中心的な存在に成りたい。

_____人は、変われる。_____

私は、大丈夫。

人生そんなにうまくいくとは限らない。
悩んで、挫折して、迷って、迷って。
それでももがき苦しんで、
目指すところがあって。

それが、かっこいいのかもしれない。

___________________
___________________

★海外でボランティアするときの、
3つの「あ」
_________________
あわてない
あせらない
あきらめない
(引用:青年海外協力隊より)
___________________
___________________

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【the world greatest】
┃-----------

私は、正直に言うと、たった一人の人間だ。
でもね、小さな希望の、
一つなんだろ。

「人生を変える旅をしてみたい」
アフリカに行く前、一ヶ月半の前の自分の目標。
このテーマに、Yes/Noで答えろ、といわれたら、Noだろう。
一ヶ月半投資して、180°変わるような、大きな物はまったく得られなかった。

お金と時間をたくさん投資して、
本気で頑張って、
でも、得られた物は、ほとんど、金のような、カスのようなものだった。

いや、そのことに気付けたんだ。

成長できるか、出来ないか。
毎日の日々があって、
毎日の時間があって、
どこでどう過ごすか、何をどう食べるか、
誰とどうつきあっていくのか、
環境をどう生かすかは、あなた次第、自分次第だってこと。

股関節と、摂食障害と、
アフリカと、
いろんなものと闘って、
今の私がある。

私は、

かねこひろこは、

生きています。

この、生きた証を、この世界に、刻んでいきます。

-----------

-----------
スワジランドのエイズ孤児院のテーマソング。

R.Kelly
【World's greatest】

-----------

If anybody asks you who I am
Just stand up tall
Look 'em in the face and saaaaay

I'm that star up in the sky
I'm that mountain peak up hiiigh
Hey, I made it(Um)
I'm the world's greatest
And I'm that little bit of hope
When my back's against the rooopes
I can feel it(Um)
I'm the world's greatest

-----------
誰かが、きみに、
僕が何者なのか、と尋ねたら、
立ち上がり、堂々と彼らの顔を見て、こういってくれ。

わたしは、空に輝く星だ。
わたしは、高くそびえる山なんだ
わたしは、やったんだ!
世界で一番偉大な存在なんdな。

そして、私は、ほんの少しの希望であり、
どんなに追いつめられていることができても、
感じる事が出来るんだ。
私は、世界で一番偉大な存在なんだって。

人生の環の中で、愛の雨を降らせるんだ。
そして、大切な事を、世界中の誰もが気付くんだ。
暗闇があれば、光を照らし、
成功の歯車が私の中で回り続けていく。

-----------
-----------
エイズで、自信を失っている子。
でも、どんな子も、みんな同じで、
みんな支え合って生きていて
だから、一人一人、大きな力を持っているんだよって。

こんな私だけど、
自信を持って、これからの人生を生きていきたい。

どんなに辛い状況にあっても、自信を失わずに、頑張っていきたい。
自己暗示じゃないけれど、
自己を卑下するのって、よくない結果しか産まれないので、
それならいっそ、このような考え方でいきたい。

謙遜と、自己卑下は全く別な物。

ヒトはそれぞれいいところを一つは持っているはず。
過剰な自信を持つ事は、
空気読めないヒトってこともある。また逆も叱り。

あるがままでいれば、
いいところは必ずあるし、
そういう強い気持ちで行けば、困難の方が音をあげるはず。

-----------

「無知の知」
「一期一会」
一つを知ると、二つ以上の疑問が出てくる。
自分が知らない事に気付く。
知らない事、知らない人に出会える事に大きな歓びを感じる。

だから、
人々の出会い、
音との出会い、
きれいな景色との出会い、
生きていく中での全ての出会いを大切にして生きたい。
-----------
-----------

何度も何度も泣いた。

子供たちに囲まれて、キスしてもらって、
嬉しくて、泣いた。

一緒にいた台湾の人たちに、
誤解されて、怒られて、悔しくて泣いた。

ナイフを投げつけられ、
人を信頼できなくなって、怖くて、泣いた。

本当に日本に帰れるか、
夜眠れないときに、親が恋しくて、泣いた。

悔しくて、食べる事でしかストレスを解消できなくて、
そんな自分に、腹が立って、泣いた。

思い通りに行かなくて、
私にも非があって、
嬉しい事より、哀しくて、
自分が嫌になって、自分でさえコントロールできなくて、
周りの相手をコントロールできなかった自分もいて。
でも、何より、
自分が無力だったのに気がついた。

旅して、高いお金を払って、後悔して、
でも、やらない後悔より、やっての後悔の方がいい。
借金もしていない訳だしw

涙の分だけ、強くなれる。
痛みを感じるほど、人は優しくなれる。

暗闇のトンネルを通り抜けて、今、また、私は強くなれる。
経験を積めば積むほど、その人の個性は確立されていく。
たとえば、お金持ちの家に産まれて、お金をもらうのが当り前だったら、
プライドだけが育っていく。
そういう環境や経験がその日との軸を作っていく。
過食症になったきっかけは、拒食症の反動で、
拒食症になったのは、変形性股関節症の人に、「あなたは太っているから回復が遅いのよ」
といわれたからで、
でも、それを真に受けた自分が悪い。

どんなに辛い状況にあっても、
自信を失わずに、そして、立ち上がりたい。

今は、ただ、ただ、辛くて。

戻れるなら、昔に戻りたい。

過去に戻りたい。

太っていても、いい。
股関節が悪くてもいい。
もっと、笑って、笑顔の日々に戻りたい。

なんで
こんなに苦しい思いをしなければならないんだろう。

股関節の手術なんてしなきゃよかった。
もっと、今を楽しめば良かった。
ダイエットして、体型は手に入れたけど、
たくさんのものを失って。
友達とお菓子を食べたり、カフェ巡りを楽しんだり、とか
そういう娯楽を失って。
アフリカにいって、馬鹿になって。

信じてます。

いつか、この経験を、笑っていえる日がくることを。
この失敗を、
この恥ずかしい事をバネにして、
笑える日が来る事を。

この悔しい経験が、
新しい私の、原動力になることを。

Take it positively, you have seen so many things now which will be your power when time