【報告】ジョギングしてます★

  • 2010/09/26(日) 23:25:30

ころいど@風邪ひいてます。。。
ひさしぶりに家にひきこもった笑)

走りたくてうずうず。。。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
ようやく復活★
風邪ひいた私の声をきいて、すぐかけつけてくれたお母さん、、、
本当にありがとう。

さてさて。
ころいど@最近走ってます(^∀^)ノ
今日はひさびさに7キロはしれた!
最近秋雨前線と、風邪で全然走れなかったから。。。うれしいです♪


さて。
ころいどにはいくつか、夢が有ります。

その一つは、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【手術を乗り越えて、また再び走り出すこと】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


そう。
ジョギング。


中学校のとき、すでに股関節が悪くて、
痛みが出始めていた私。
でも、スポーツはしちゃだめ、っていうのは嫌だったから、
★体育会系の部活
★個人競技(チームで迷惑をかけたくない)
っていう理由で【陸上部】に入部。

中/長距離で、ひたすら自分と向き合った。


なぜそんなにやってたか、



走るのが好きだった。



辛いけど、でも達成感はやめられない。
まさに、そんな感じ。

実は、手術して落ち着いている今でも、
主治医から、
走ることは推奨されてない。


それでも、走ることをやめたくない。

そして、「一度きりの人生」という理由で、
私に、走る自由を与えてくれるパパ先生。

股関節のx−pとらなきゃな。。。


なんで走るのが好きなのか、
言葉に出来なかったけど。
たまたまコラムがあったから引用してみます。



僕自身を振り返ってみると・・・

このコラムの執筆を通して、僕にとって走ることって何だろう?と、思いを巡らせる機会が増えました。

考えてみれば、いつも「目標を持って」走っているというわけではありません。僕はレースがなくても走るし、「走りたくない」と感じながらも走らずにはいられませんし、忙しくて時間がなくても走ります。

それは自己満足のためか?といわれれば、必ずしも当てはまりません。走ったことを後悔することもあるし、ストレス解消のため走ったのに、辛くて余計ストレスをためることもあります。たとえ目標がなくなっても、僕は走り続けるでしょう。
意欲や勇気の源泉

僕の場合、おそらく走ることを通して人間らしい欲を生んでいるのだと思います。走れば、自分自身を見つめなおし、内面と向き合う時間がもてます。美味しいものを食べたくなるし、ビールを飲みたくなります。さらに、誰かと一緒に走りたくなるし、誰かと競いたくもなります。

すなわち、走ることによって、生きる基本となる意欲や欲望、そして勇気が得られるのです。僕にとって、走ることは生きることそのものなのです。

  • 2010/09/10(金) 00:04:49

9/9(木)


スーツ姿♪

受付嬢のお手伝い。
パーティーにきてくださったゲストに、
かえる際にお花を渡す役割。
たまたま引き受けたー^^




お花が似合う女の子になりたいなー♪




今日は某製薬会社のMRのインターンをしてきました♪
MRというのは、薬の営業職。
自分が手術を受けて、そしてやっぱり当事者意識とか
いろいろ学んだし、考えることもあった。
患者という視点をもっている自分は、それだけで強みになると思っているから。

腫瘍分野のMR同行をしてきたんですが、
単に薬を押し付けるんじゃなくて、
ちゃんと副作用とかしっかり説明していた。

「医師に覚えられるMRでありたい。」
「営業成績とかにこだわるのではなく、その薬のプロであって、しっかりと患者さんに薬を届けていきたい。」

医療に関わっていきたいと思う反面、
まだ就職活動をするのに抵抗が有る。


自分の能力を生かせて、
そして、自分のやりたいことをする。
それを仕事にしたい。

自分のやりがいの有ることで、誰かを幸せに出来たら。

それが、
股関節症をもった、自分のやるべきことでもあると思ってます。


たぶん就職活動はしないで、
大学院に進学するんだろうなー。自分。
MRになる可能性は極めて低いけれど、
医療の業界の一部を垣間みれただけで、
すごく参考に成りました。

リハビリ報告。

  • 2010/09/07(火) 11:00:03

久々にリハビリのこと、かくなぁ(o^^o)

ネパール3週間の間はリハビリを休んでましたが、
手術後、一年半以上、リハビリ通院続けてます\(^o^)/

長いって?
まぁ通院先の受付の人にもそう言われたな(笑)

やらないですむなら、だれだってやるのを望まないよ。。
でも、リハビリを受けられる幸せ感じてます。

今の段階としては
_________
★伸展の際に、大臀筋とハムストがはいらない

★腰にくる代償行為

★オペしてない右足の膝が内側にはいる
_________
ということが問題らしい。

自分で筋トレができるようになれば、
今、週1回ペースを、2週に1回ペースとかにできるかも、とのこと。

課題はまだまだだけど、
たまに6km走れるくらいになったことはいいことo(^▽^)o

step by stepですね。

丸の内o(^▽^)o

  • 2010/09/04(土) 12:27:15

21歳やななりましたo(^▽^)o
そんな今日はこれからインターンシップ。

これから夕方17:00まで。
丸の内にいってきます★

★。、::。.::・


ネパール3週間を経て。

  • 2010/09/02(木) 21:09:33

9月2日。
大学の集中講義期間です^^


= = = = = = = = = = = 

さて。
8/3~8/28までネパールとドバイ(一日観光w)にいってきました♪
女一人です!

ネパール3週間。

= = = = = = = = = = = 
シャワーのお湯なし! 
停電だらけの生活!!
ベジタリアン!!
>>>>>>こんな生活でしたwwwww
= = = = = = = = = = = 


首都/カトマンズ:標高1300m

カトマンズから車で3時間。
村の小学校で先生のボランティア。




ただし。。。たぶん標高2000mほどw
村の小学校にいくのに、険しい山道を
のぼり、下ること。。。
行きに1時間、帰り1.5時間。
これが2週間毎日の生活(笑)



高地トレーニングだなw


ホームスティして、
ネパールで第二の家族ができました。
ネパールの"お姉ちゃん"のおさがりである、
伝統衣装。クルタスルワン。
プレゼントでした!



最後の一週間はポカラ(湖がある西の都市。)
カトマンズから、バスでゆれること、8時間。



NGOの人と一緒に、医者がいない村に見学にいくことに。
村に行くのに片道3時間。歩くのみ。
まじでトレッキングw






村の病院にて。
x-rayもあったし、手術室もあった。
一応、若い研修医がいて、病院の担い手は決まってるみたい。
でも、ほとんどの人が、病気にかかっていて、
医療保障体制もしっかりしてない。

腕の肘の部分が、肉腫で神経が麻痺している人がいて、
でも、その人は別に手術を望んでなくて。

障害者のケアもしっかりとしてない。
ポリオや日本脳炎は予防接種が地方の村までとどいてないし、

国民の40%が農業をしているこの国では、
障害者の差別偏見は大きい。

自分が日本人で、
障害を前向きに捉えられることと、
手術が出来たことに改めて感動を覚える。



= = = = = = = = = = = 

= = = = = = = = = = =
 
こちらはドバイ。
トランジットついでにストップオーバーして
一日観光。
経済破綻したドバイ。
一人でいってみました^^興味本位。

しかも
★ガイドブック何ももたずにきたww
そして、
■ラマダン(ムスリム教。一年に一回、約一ヶ月日中に絶食。夜になって食べる。)
■金曜日(金曜日が祝日で、午後から仕事をするらしいwまさかの電車も午後からしか動かないw)

あとになって気がついたという私www

ま、それも良い経験。
世界一高いビルの前にて。



= = = = = = = = = = = 

ちゃんとかえって来れたことに今一番自分が驚いているなーw


= = = = = = = = = = = 

改めて、【豊かさ】について、考える良い機会だった。

ものすごく、かけがえのない経験。

帰ってきて一週間もたってないけど、
日が経つほど、じわじわと感じる物が有る。
それが何かはまだ分からないけれど。


= = = = = = = = = = = 

とりま、この足で。

★ネパールに一人でいってこられたこと

★二週間にわたって、毎日山登り2時間できたこと。

★片道3時間×2のトレッキングができたこと。

※最後はどうしても痛み止めをのみましたww

= = = = = = = = = = = 

これは、股関節症の私にとって、大きな財産となるはず。


支えてくれた人々に、心からも感謝を、
ころいどが元気でもどってきたことと共にお伝え致します。