【報告】PNF患者モデル★ミ

  • 2011/02/21(月) 00:56:18

2/20(日)
@松戸上陸w

PNFの勉強会に患者モデルとして登場しちゃいましたw(^∀^)ノ


引用していいのかな。


第5期定期勉強会東京会場 第4回 治療デモンストレーション
日時:平成23年2月20日(日)10:00〜16:00
会場: 松戸整形外科病院
内容: PNFを用いた股関節疾患の評価と治療


40人くらいのPTさんの前で、患者役として出没。
馬橋の駅におりて、車で迎えにきてもらって。。。

休日の病院内にいるPTさんたちの
鋭い目のこと!!
さすが勉強会w

治療患者は自分だけ!?www
勉強会に参加していたPTさんはオオカミの目みたいで怖かったー。
勉強会のあと、保険リハビリでお世話になっていた
担当のPTさんと再会!!!
しばしの間、いろんな会話を楽しみました。
PTさんの本性もわかるっておもしろーいね。


約1時間、施術。
過去のレントゲン、動画を踏まえての説明、
そして実際の測定。


Dx)左変形性股関節症 AAO 2009.3
AL)階段昇段時のふらつき
CI)筋力低下?協調性、固有感覚(筋出力のtriming)

Test
AL) 階段昇段時の自覚症状
▶before 【左】6/10 【右】10/10
▶after 【左】8/10 【右】10/10

CI) ケンケンでの5m歩数 
▶before 【左】18歩 【右】10歩
▶after 【左】12歩 【右】9歩



だいたいやったこと
■歩行動作確認
■ランニングの動作の確認
■けんけんw
(嫌だったww)

■うつぶせ、側臥位、外旋、内旋とか

↓  ↓↓  ↓↓  ↓
そのあと、イスにすわって、立って、のスクワットの動作。


_________________

・ゆっくりの動作でできないこと。

・早くやると出来る事

・負荷をかけることによって意識的にできるようになる動作

_________________
このへんのことがあるらしい。
他はあとで思い出します。
とりあえずメモメモww






12月でリハが終了してから
リハをうけたのは約2ヶ月ぶり。

大学の春休みは2~3月の二ヶ月で、
最初は二月から海外に行こうかな^^とかって決めてたけど、
この患者役のお話が12月の終わり?に来てから、
2月は日本にいることを決めました!

PNF、普通で受けるの、大変なんだもん(笑)

 それに何より、
 自分が、
 誰かのために役に立てるなら、
 それにこした事は無い。




体幹がぶれたり、それこそ側臥位でのずれに
なんとなく気付くものの、どうすればいいかも分からず、
そんな中での本日の勉強会だった。


改めて、先生の手は神の手、と思った。

いつも心の中でもやもや悩んでいた足のこと。こわばり。

言葉にできないもどかしさを先生は、
歩く姿をみたり、触ったりするだけでぴたりと当てるのなんの。
すぐに解決。
階段の歩くのも楽になった。

股関節が悪いって本当にやっかいで、
一生つきあっていかなきゃもん。

それでも、この病気だからこそ分かるものもある。

PNF研究所に初めて行ったときの動画も映し出されていて、
あのときは杖をつきながら、
予約の時間に間に合うかどうかはらはらもしながら、
初めていったときことを思い出していた。

あのときが、20歳になる前日だった。
そうだ、19歳の最後の日。
2009年9月3日。
詳しくはこちら。
http://colloid.dtiblog.com/blog-entry-312.html





まだぶれたりとか、ケンケンが苦手だったりする。、
いままでと比較して今ここまで回復できた事。
PTさんに支えてもらいながら、
今ここまでこれたこと、
本当に感謝しています。


10kmはしれたこと。


リハがおわって、最後、勉強会に参加していたPTさんに声をかけてもらったんですけど、
その中のPTさんで、
変形性股関節症の人がいて。

「10kmはしれたんですねー!」って。

少しでも、私は、同じ病気の患者に勇気を与えられたんだろうか。



よくなっていく足。

そしたら、この足で何ができるんだろう。
お世話になった人の気持ちを受け止めて、
今度は違う人のために、生かしていく。

PNF施術報告。

  • 2009/09/06(日) 09:41:58

9/3の続きです^^
ふう。ここまで書くのに3時間かかったww

◎リハビリ〔PNF〕報告
PNF@御茶ノ水
http://www.pnf-tc.jp/pnf.html
までいってまいりましたよ(^^)/

予約では
11:30〜12:10
のはずが…
11:28〜13:00
までやっていただきました!

って…御茶ノ水が中央線止まるなんて知らなくて(笑)総武線のりこんでしまって。
余裕綽々で到着するかな〜と思いきや、駅出た時点で、予約時間まであと20分(@д@)
初診だから10分前にはいかなきゃいけなくて…
駅から歩いて5分らしいし〜

冷や汗かきながら探しましたね(^_^;)
ただでさえ、施術時間は40分と限られてるのに…だから。

でも15分前に無事到着(^∀^)/

慌てて入って…

受付に名前をいうと…
そこに若い30代くらいの、お兄さんスタッフが!

「11:30に予約したころいどですが…」
「あ、こんにちは。私がころいどさんの担当で、Mといいます。」

今回目的のM・PTはめっちゃ若かった!37歳らしいです。。
問診票かいて、
着替えて〜という感じで☆



あれ?新しいリハビリ?

って思った方、
いつもブログを読んでくださってて、ありがとうございますm(__)m

本日いったのは、
リハビリ通院として通っている
F病院ではなく、(保険内診療。)

自由診療(自費医療)の
)【PNF研究所】というところです(^^)//

今回の経緯は…
改めて書くと、
リハビリのカンファレンスにかけられたところから始まります。

今の病院の、最初にみてもらったPT(系列のほかの施設に転勤済。)にみてもらってて。
そこでカンファレンス[症例研究会]にかけられて、
院外の先生にも診てもらう機会があったのです。

そこで、リハビリ中にビデオでとった、
ころいどの歩行姿の動画とかを、担当PTさんの発表の中で
お披露目(言葉違う?w)したらしいのですが、

その動画をみてだけで、
私が”恥骨骨折”したのがわかった先生がいたらしいのです。

恥骨骨折は、歩きかたの乱れのせいで、疲労骨折したかもしれない。

恥骨骨折だけには気をつけていたので、
その歩きかたのせい、って考えたらそれだけで救われるような気がして。

その先生が、いろいろとアドバイスをしてくださり、
メニューも考えてくださったのですが、
・・・・・
「どうしても、お礼がいいたい。」
「会ってみて、自分の足を診てもらいたい。」

この想いはすぐ芽生え、一ヶ月たっても、
2ヶ月たっても、消えませんでした。

異勤したPTのもとに遊びにいき、そこで初めてPNFの存在を教えて頂きました。

でも・・・自費医療><;

お茶の水も・・大学はじまってからだと通うのに不便だし。。。。

踏み出せずにいた私に、

異勤したPT→そのあと引き継いで担当のPTに、
お話をしてくださったらしくて。

快く、PNF研究所との連携を認めてくださいました!
連携ってほどでもないかもしれないけど^^;
要するに、病院にかかる前に、申し送りをお互いにしていただく、
ということです。



さてさて。
前置きは長くなりましたが、書きましょうか。


改めまして。
◎リハビリ報告!@PNF研究所!!
M・PTの施術。11:30~13:00

問診票:痛み・ぐらつき(不安定感)と、オペしたことを適当にかきました。


主訴:足のだるさ、屈曲、伸展のROMの低さ、感覚の鈍さと回復の遅い理由は?、恥骨の痛さ、
こんなことを伝えようかなーと、コンセプトにもっておりましたw

最初の10,15分くらいに、
レントゲンをみながらの(デジタルレントゲン持参ですw)

★問診
「カンファレンスではありがとうございました。」
と話したとき・・
「いや、ずいぶん歩き方よくなりましたね!別人のようにw」

とお褒め?励まし?の言葉をいただきました♪

んで、
手術の術法に関してのお話。

予約を取るときに受付の方に、手術のことを聞かれたので
詳しくAAOまでお話しておいたところ、
調べておいてくださっておりました!本当に感謝です(;_;)

デジタルならではの、立体的にみれる・回せる
3DCTにお互いに感動しておりましたww余談ですっw

PT「ところで・・・話によると、ころいどさんは、東京マラソンにエントリーしたとかwww」
ころいど「そうなんですよー。まず受かるかどうか、なんですけどね^^」
PT「来年の三月か〜。まぁ、でれたら(受かる意味含め)軌跡ですよね。」
ころいど「10kmも走った事ないんですけどwww」

こんなころいどでしたが・・

PT「それでも、そう目標があると人は強くなります。
いろんな人を診ていて。ただよくなりたい、という人はやはり回復に差がある。きっと、その目標はもっていていいと思いますよ。」


・・・・・。

いままでころいどは、
「ただよくなりたい」
っていう想いが大半をしめていたのかもしれない。
表面上はネタの意味で、
(本当にインスピレーションがきたのは事実ですよ?)
ただ、「股関節を大切に育てたい」
っていうことだけで、
実際はのーぷらんで、甘えてばっかりだったんですね。

東京マラソン、
本当にでてみたい。

東京都さんお願いしますm(_ _)m本当に出させてください・・・。
結果は10月。



★歩行動作確認
立位をいろんな角度から写真をとってもらいました。
歩行姿をビデオでおさめてもらいましたよー♪

★体重移動
PNFのコンセプトでもある、
[固有受容器を刺激することによって、神経筋機構の反応を促通する方法]
固有受容器の刺激。
立ったまま体重移動を(右、左、と左右に。片足を浮かせる事無く。)
人間は体重がかかると、それが分かるらしい。



★外旋筋の可動域訓練、筋トレ
外旋し、股関節の動きを確認。
そのあと腰上げの運動をやったような・・・。

ROMに心配がある、ということを訴えたところ、診て頂けました。
↓↓↓↓↓↓
★屈曲check
右、左、とまげていって、左(術足)の曲がりが違う・・・。
最後曲げるときに、膝が外側にいく、というか、
きっちり股関節が収まらない、らしい。


★伸展check
横向きになって、伸展の可動域を確認してもらいました。
「あれ・・・?いやいや、もういっかい、ちゃんとね。力抜いてね。」
と苦笑いで始まった伸展。
いや、その苦笑いは本物でしたww

伸展まさかのマイナス!
普通は、15°とか、20°・・・
マ イ ナ ス ! ?
無理に動かそうとすると、腰で全部代償してしまうらしい><;

PTさんのお話によると、
腸腰筋や大腿直筋の短縮がみられ、そのための
可動域の低さではないか、とのこと。


1)股関節伸展のROMがない→歩行での骨盤後退を起こす
2)歩行でうまく伸展筋が働いていない→股関節伸展に関わる筋が発達する機会がなく、ROMが拡大しない

PTさんからのご説明〜★

実際には1と2の両方が絡み合っているのだと思います。そして、大抵の場合RHでは1に対して一生懸命基礎的なトレーニングを行いROMを拡大させようとしますが、一日のなかで何千回と行われる歩行の中でうまく伸展筋を働かせなければROMは拡大しません。
そういった意味で重要なのはむしろ2の方です。歩行は無意識の活動なので難しいとは思いますが、日々の歩きの中で伸展筋を働かせる、その為には腹筋の活動性を上げて骨盤をしっかりと固定させること、これが重要です。



しかも、手術で、恥骨あたりをいじったため、
その構造は怪しい・・・との推測w
骨をいじることで、それについている筋肉の伸張が変わってくるらしいです。

PTさんの手で、足を動かしてもらい×10回、動き方を覚えました。


つまり、もう可動域は広がらないんじゃなくて、
これを機会に覚えていかなければならない。
筋肉が覚えていないために、可動域がない、ということでしょうか。

なんか、元気でてきた^^←単細胞動物ww

☆代償行為自体は悪い事ではない。
何かの補助的な動作をしようとしての、代償行為であって、
それ自体は悪い事ではない。
問題は、知らぬ間に代償行為をしていたり、
それによって、働くべき筋肉を働かす事ができないこと。


★骨盤丸めー伸展のストレッチ
膝を曲げて、横向きになった状態で、腰を丸める。
膝が前側だけど、それだけでも結構効果あり!

★ブリッジー筋トレ改善
通常のブリッジを診せて?といわれ、膝立ててやるやつをやってみる。
あと、外旋および、片足が外旋で。

でも・・・><;;
「?全然大殿筋はたらいてない・・・?」
という状態が発覚w
これこそtrick motionかと思われますwww


★四つばえ
お腹に力をいれる
片足ずつ左右の足をあげていく感じ。


★大殿筋を鍛える方法を模索
横向きになって、(もちろん術足は上ねww)
骨盤を丸めながら術足の足をお尻側に少しずつ動かす。
でも・・あんまり働かない?
最終的に、膝をたてて、ボールをはさみ、
大殿筋を鍛える方法で無事発見♪

★ステップ訓練?
たった状態で、
術足を一歩前に出して、膝を外側にしながら、
体重をかけていく。力を加えていく。


★どこまで片足で骨盤が落ちずに支えられるかー体重計使用w
40kgまで行った(^∀^)
でも、、、
もちろんころいどは40kgの華奢な女の子ではありませぬww
歩く動作は、常に片足になるときがある。
つまり、歩くときに、ちゃんと骨盤保持ができず、
一歩一歩おちている、っていうこと。
それで、日々まぁ1万歩とか歩いているんだから、
どんだけ、だよ、っていう感じですよねw(苦笑)


リハの終わりに
★歩行動作撮影

★恥骨が痛くない歩き方
どうしても蹴るときに恥骨が痛い(><;)
と訴えたところ、
最後蹴るときの動作を確認。

蹴るときに・・・ひざを内側に!?

そしたら・・・痛くない!
びっくり!!!

PTさん曰く、蹴るときは、ほとんどknee in(膝が内側に入る事)は
問題ではない。問題は足をついて荷重をかけるとき、らしい。
実際、内側に流れていくのは普通?で、
歩く動作、だけでは、特に問題がないらしい。

あー、こんな膝の位置とか、意識だけで
痛みがなくなって歩けるなんてwww


ころいどが長時間歩くときに杖を使用している理由・・・
それは、
・転倒がまだちょっと怖い
・蹴るときに恥骨が痛い。
・どんどん歩き方が乱れて、骨盤が下がっていくのを実感する。
執刀医であるパパ先生は、杖の使用をできるだけ避けるように
おっしゃっております。

このことをPTさんに相談したら、
今の筋力だと、まだ杖をついていいときなのかもしれない、と、
でも、同時に筋力はつけていかなければならないのは明白。

今日のメニュー、報告をまた今通っているF病院に報告してくださるそうで、またいつか、時期が立ったときに診せてください^^)
という感じで終了。
リハビリは自分でやりながらも、やっぱり客観的にみてもらうことが必要だ、という
お話もいただきました。




M・PTさん、本当に長々とありがとうございました。

ころいど、という一人の患者とオーダーメイドに、
向き合ってくださって。
その姿勢に本当に感動でした。






いろんなPTに支えてもらって、
たった、この[股関節]のために。

私は、スポーツ選手でもなく。
この股関節で何が出来るだろう。

ころいどの人生を全うするしか無いんだよね。
好きな事を精一杯やりながら、自分らしくいきていく。
歩ける幸せを、笑顔として、まずはお礼をこめて広げていきたい。


「東京マラソンにかけての?これからの半年。それはころいどさんの股関節の人生にとって、とっても大切なものになる。」

もっとしっかり自主トレをがんばって、

”いつか”よくなるのではなく、
”絶対”よくなる。

意識的に、もっと自主練をして。
日々の生活で追われていくのではなく、私は私で
けじめをつけながらも頑張っていく。。。

ただでさえ、インターンシップとか、追試とか、
やりたい放題やっているんだもん。
まずはもういちど足に専念して。


PNFにいって、M・PTに出会えた御陰で、
股関節の重要性、
股関節を大切に思ってくださることから伝わるリハビリへの情熱。

自分の足は自分でしか育てられない、ということ。

改めて実感しました。

___________________________________
特別な事ではないさ それぞれ悲しみを抱えてんだよ
自分次第で日々を塗り替えていける

誰の心の中にも弱虫は存在していて
そいつとどう向き合うかにいつもかかってんだ
そうやって痛みや優しさを知って行くんだよ
間違いなんてきっと何一つ無いんだよ
(♪ゆず/虹)
__________________________________
いつかよくなるだろう、と現実から逃げていた自分を
今更責めてもしょうがない。
常に方向転換して、
新しい日々を、塗り替えていかないと。
間違いだけど、それを間違いだと思って、そこで立ち止まらずに、
また歩み始めればいい。そうだよね?

ころいどは挑戦しつづけなきゃなー。

では、再試の勉強、図書館いってきます★

回復療法〜☆

  • 2009/08/23(日) 00:49:59

先ほどの「リハビリテーション計画書」
をみても、 


回復が
筋力POWER→歩行アライメントの改善
に目標がシフトしつつある中で、
いろんな自費医療とかも参考になります。

東京の今のリハビリで、
カンファレンスをかけられたのですが、
そのとき、
歩行の動画を見ただけで、
ころいどが恥骨が折れているのを気付いたPTがいるそうです。

その方が関わっているのが、これ、らしいんですけど、

PNF自体とは関係ないかもしれないんですが、
情報までにちょっと載せたいと思います^^♪

PNF研究所

続きを読む

続・リハビリテーション実施計画書

  • 2009/08/22(土) 22:45:31

術後5ヶ月半(8/20作成)のころいどの筋肉です。

3ヶ月たったので、またつくってもらいました。
今回は形式違うっぽいですw


リハビリテーション実施計画書(整形疾患)

■基本情報
氏名:ころいど☆
診断名:変形性股関節症
手術名:左臼蓋移動術
主訴:長時間歩くと疲れる、痛みが出る
リスク:疲労・転倒/痛みの増強
手術日:平成21年3月5日
安静度:無(走行は不可)
職業:学生

■関節可動域制限
 著明な制限なし

■筋力(MMT:Manual Mascle Test:徒手筋力テスト←詳しくはこちら
・中殿筋3
・外旋筋3
・大臀筋4+
・腸腰筋4+
・大腿四頭筋4
・下腿三頭筋4

■日常生活活動
 全て自立(独居)


・痛み(有り)


■基本動作
・寝返り/起き上がり:自立
・立ち上がり:自立、左片足立位:困難
・座位:自立
・屋内歩行:自立(独歩)
・屋外歩行:自立(杖など補助用具)
・階段昇降:自立(杖/手すり) 方法:一足一段
・公共交通機関使用:自立

■目標
・歩容の改善
・歩行の耐久性向上

■方針
・筋力強化、歩行アライメントの改善により、歩行耐久性向上を目指す

■リハビリ期間および終了目安
要相談


リハビリ_・・・運動器リハって150日までなんですよ。。
それあとは打ち切り、ってものでもないけど、
月15単位まで。
20分で1単位。いつも約1時間やってもらってるから3単位。
そうすると週に1回ペース。
ま、いんだけどさw
 


回復が遅いのは、全て自分のせいだとは思うけど、
でも自分のせいっていうか、
それは筋トレ不足とかじゃなくて、
自分のいままでの歩き方とか。

原因が、単に、一つじゃない事。
分かってほしかったりする。。。


回復が遅いのは悪い事じゃないと思うのは、私だけ、なのかな。。

それはひらきなおっている、ともいうのかな?

PTさんにはね、
高度臼蓋形成不全ゆえに、
骨盤を前屈する姿勢が身に付いていて、
だからこそ、その姿勢を正すのに時間がかかって当然だ、って。

それに甘えているっていうことなのかな。
なんか、複雑な気がしてならない。

術後168日目(退院後147日

  • 2009/08/22(土) 18:30:02

20090822183002
8/20(木)
術後168日目(退院後153日

久しぶりのリハビリでした(^-^)
実は…術後150日すぎてるんですよ(笑)

◎イカれてない(笑)万歩計・10175歩
・km
・分
・kcal
・g

あ〜一万歩越えちゃいましたね(´Д`;)

◎自主トレ報告
・可動域訓練

・足首の柔軟性ストレッチ(足首の曲げ伸ばし)×20回×2セット

◎リハビリ報告
▼主訴
・膝の内側のお皿の一部分が痛い…。

・筋肉が堅い感じ。

最初にリハのベッドにいく途中歩いてて…
「随分歩き方がよくなったね―」って言われた(^∀^)横揺れがないとか。

▼可動域訓練
・外旋
・内旋
・進展

▼筋力トレーニング
【仰向け】
・外旋した状態で足あげ
抵抗運動10回
〔外旋筋・中殿筋〕

・外旋した状態でお尻挙げ〜抵抗運動10回
〔外旋筋・大殿筋〕

・術足だけの外旋お尻挙げ抵抗運動
〜〔外旋筋・大殿筋〕

【横向き】
・横向き足あげ
〔中殿筋〕
健足の下の膝のは曲げて斜め前に。
術足は後ろがわ、
足首のロック(足首を固定すること)は関係なさそうだけど、足の爪先がだらーんと下の下がることはないように。

【うつ伏せ】
・進展可動域トレーニング
・MMTの測定(ハムストと進展)

・足あげ
〔進展〕
そのくらいかなぁ―。

▼膝立ち
膝立ちして、手を壁につけて、片足に重心をかける。右、左へ。
片方ずつ重心をかけていく。
いままで左足に力をかけると潰れそうだったのに…
腰含めて伸びている気配w

▼ステップ訓練

今日は杖を支えにしてでの訓練。

膝が内側に入る
半張の状態

膝の内側の靭帯が柔らかく足首はがに股の方向に柔らかい。

そのかわりに膝に負担がかかる…

股関節を中心とした
関節機構を治さなければならない。

腰の全面ででっぱってる骨(あとで調べますw)とその付近が痛い。

PTさんによるとその骨にくっついている筋肉を使ったため…らしい。

最後ビデオをとってもらいました☆
それはまぁもらえなかったんだけど-。
随分横ゆれがなくなってきた!
デュシャンヌ歩行?
ってきいたら、トレンデレン跛行とデュシャンヌ歩行の組み合わせらしい。

あ、両方股関節が悪い人の跛行ね。

その後、診察〜
オーダーがきれてしまうため(;_;)

予約してたのに待たされ、キレ気味で診察室に(笑)

「リハビリの調子はどうですか―?」

「大分効果を実感してきました。」

「手術した病院へは行ってるの?」

「はい、7月に4ヶ月検診に行きました。次は半年後にいく予定です」

「じゃぁもう少しやりましょうね―。
リハビリのオーダーだしておきますね。
では、お大事に。」

…………

軽w

いや―可動域の確認もしないで、一切足に触らないで、
そりゃどーなんでしょw

というか、
正直なところ、
ドクター、もったいないよ?w

だってたしか、リハビリのための初診(ブログ5/26参照)のとき、

「変形性股関節症で、寛骨臼移動術を受けたのでリハビリのオーダーだしていただけませんか?」

って頼んだとき…

「…骨切り…ってやつ?」
みたいに言われましたw

いや、普段会わない病気の患者にせっかく会えたのに…

しかもAAOですよ?(笑)

実験段階で、数千件しかないw

いや―その後の回復を追うのにいいポジションにいるのに(笑)(^0^)

まぁ…私は
定期検診含めて
パパ先生のところにゆくので☆

その後急いでインターンへ☆
いや―電車乗るのに走ってしまった(苦笑

うん、ちょっと走れた(笑)
でも痛いけど(´Д`。)

客観性と具体例は対立してしまうのかなぁ?

客観=抽象?

具体的に述べれば述べるほど、
私のブログは主観的になる。

中立的なことを言おうとすると、説得力のない話になりかねない。
中身のないはなしになってしまう。

あれ―誰かがこのことをいっていたような(笑)

うん、ブログのありかた、真面目に考えてます。